Vol.22 サロン動画は適当に作っても意味がない

Vol.22 サロン動画は適当に作っても意味がない

LINEで送る
Pocket

 

【サロン動画は適当に作っても意味がない】

 

 

今回は、「サロン動画は適当に作っても意味がない」についてお話ししようと思います。

 

 

 

これから5Gの時代、サロン動画を作って放映することで、

 

 

お客様をファンにすることができます。

 

 

しかし適当に作っても、お客様に美容室の魅力を伝えることができません。

 

 

きちんとシナリオを作って動画を作成しましょう。

 

 

抑えるべき3つのポイントがあります。

 

 

動画の目的を明確に

 

押し売り動画にしない

 

動画で疑似体験させること

 

 

 

です。

 

 

 

詳しく説明します。

 

 

動画の目的を明確に

 

 

誰に?何を解決?みている人に何をして欲しい?

 

 

ここをしっかり意識して作ることが大切です。

 

 

自分が作りたい動画を作ってもお客様には魅力は伝わりません。

 

 

 

押し売り動画にしない

 

 

悪い例として、商品をただただ紹介して魅力を伝え、

 

 

安いから買ってください!と訴える動画。

 

 

これでは押し売りと同じです。

 

 

 

良い例として、お客さんの問題に寄り添い

 

 

その解決策としてこれがありますよ

 

 

その策はこんな内容ですよと提案する。

 

 

その際に利便性や他社比較、効果の数字を提示するとお客様により魅力が伝わります。

 

 

動画で疑似体験させること

 

お客様に擬似体験させることとは、お金を払わないとできない体験のことです。

 

 

なぜ旅番組が長年人気なのか?それは、視聴者に擬似体験させる番組だからです。

 

 

この3つを抑えてサロン動画を作成することで、より魅力的な動画になります。

 

 

動画の作り方がわからない時は?

 

 

 

 

まずシナリオを作って3つの要点を抑えながら作成することをおすすめします。

 

 

動画を使ってあなたの美容室のお客様をファンにしましょう。

 

 

動画を自分で作るのが難しい方もいらっしゃると思います。

 

 

そんな方は「SALOTORA」のサービスがおすすめ

 

 

やる事は?

 

動画の作成依頼をするだけ!弊社で動画を作成し、お渡し致します。

 

 

作った動画は、タブレットをお渡しいたしますので、

 

 

美容室に来店したお客様に放映することができ、さらにYouTubeはもちろん、SNSでもご利用できます。

 

 

気になる方は、概要欄のSALOTORAのリンクからチェックしてみてくださいね。

 

 

上記の記事は、自由にシェア・ツイート・リンクを転載頂いて大丈夫です。  

 

 

LINEで送る
Pocket

美容室に特化した動画マーケティング『サロトラ』

美容室に特化した動画マーケティング『サロトラ』

タブレットを置くだけで
◯お客様を教育できる
◯商品が勝手に売れる
◯次回来店に繋がる
◯会話が広がる
施術中こそ最高のPRタイム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

日本最大級!現役美容師が撮影した圧倒的結果の出るお写真を9万点以上ご用意!

ちょっと覗いてみる ちょっと覗いてみる arrow_right
keyboard_arrow_up