Vol.71 動画マーケティングの費用対効果は?

Vol.71 動画マーケティングの費用対効果は?

LINEで送る
Pocket

 

費用対効果の高い動画マーケティングをする為の

 

 

重要なポイントがわかります!

 

 

近年、ビジネス雑誌や業界情報サイトなどで

 

 

注目を浴びている動画マーケティング。

 

 

やってみたいものの、コストをかけて実施した結果効果があるのか。

 

 

また、効果を出すにはどのようにして取り組めばよいのか…。

 

 

悩んでいるうちに何もできず時間だけが過ぎてしまっていませんか?

 

 

動画コンテンツが身近になったからこそ、

 

 

自社でも動画マーケティングをやり始めたいと

 

 

考えている人も多いのではないでしょう。

 

 

しかし、目的や手段を考えずにやみくもに実施しても

 

 

期待できる効果がでません。

 

 

こちらでは動画マーケティングの効果と手段を

 

 

正しく説明しますので是非最後まで読んでください!

 

 

①なぜ動画マーケティングが注目を浴びているのか?

 

 

理由は大きく3つ上げることができます、

 

 

1つ目にインターネット環境が整備されたことです。

 

 

特にWifi環境においては新幹線内やコンビニエンスストアなど、

 

 

私たちが普段利用する交通機関やお店など

 

 

外出先で利用することができるようになりました。

 

 

2つ目はスマートデバイスの普及、

 

 

スマートフォンデバイスの普及によりいつでも・どこでも

 

 

動画を視聴することができる時代となりました。

 

 

電車やバスでの移動時間を利用して視聴しているという人も少なくないでしょう。

 

 

最後に、低予算で始めることができる。

 

 

実は動画マーケティングの入口のコストハードル高くありません。

 

 

更に動画マーケティングの運用についても、

 

 

動画配信サイトを活用することで大幅にコストを抑えることができます。

 

②動画マーケティングの費用対効果は?

 

 

費用対効果については

 

 

皆さんがいちばん気になっている部分ではないでしょうか。

 

 

数字を交えた例を挙げながら説明します。

 

 

費用対効果の計算方法はご存知かと思いますが、

 

 

費用対効果は利益から投資した金額を引くことで算出することができますよね。

 

 

つまり最大限に費用対効果を高めるには、

 

 

投資した金額を小さくし利益を大きくすることが大前提となっております。

 

 

前章で触れましたが

 

 

マーケティングの平均的なコスト相場は30万〜50万円となっています。

 

 

この金額はコマーシャルや

 

 

テレビ、ウェブサイトなどのコンテンツに比べはるかに安いです。

 

 

この事実からしてあとは、

 

 

利益をどうのようにして大きくしていくかが鍵を握っています。

 

 

動画マーケティングについては、

 

 

一本の動画を効率よくたくさんの人々に届ける手段と市場が既に整っております。

 

 

SNSコンテンツの活用とYoutubeチャンネルなどの

 

 

無料動画コンテンツと組み合わせることで

 

 

動画拡散性を上げることができ、より大きな効果を見込むことができます。

 

③より効果的な動画を制作するには?

 

 

ただ動画マーケティングをやり始めたからというパターンでは

 

 

期待値以下の効果になることは間違いありませんので、やめておいた方が賢明です。

 

 

では、どうすれば有効な動画マーケティングを制作できるかを

 

 

3つのポイントに絞ってご紹介します。

 

 

ひとつ目に、視聴者側の視点に立つこと。

 

 

「こんなの当たり前だよ!」と言われるかもしれませんがその通りです。

 

 

しかし、実際に動画を制作していくうちに、

 

 

こちら側の伝えたいことを優先しがちになってしまうので、

 

 

常に念頭において制作しましょう。

 

 

2つ目に動画の目的を設定すること、

 

 

もっと噛み砕くとペルソナの設定です。

 

 

届けたい人を具体的に設定しましょう。

 

 

どんな生活をしている人、

 

 

年収、家族構成…などより具体的に設定することでブレない動画になります。

 

 

少額とはいえコストをかけるのですから、

 

 

動画を見てほしい人を設定する時間をしっかりとって下さい。

 

 

最後に動画自体をどのように発信するのか、

 

 

つまり動画を届けるための手段を決めておくことです。

 

 

その手段によっては動画内容を

 

 

途中で修正しなければならないと言った事態を招いてしまいます。

 

 

と言いますのも自社ホームページに

 

 

新規顧客獲得度といった内容の動画を載せてしまう…

 

 

なんか違和感がありますよね。

 

 

この場合ホームページと動画双方にいい影響を与えません。

 

まとめ】動画はありとあらゆるマーケティングに有効なツールです。

 

     目的をはっきりと見据えて取り入れていきましょう!

 

 

掲題に示している通り、

 

 

目的がはっきりとしていれば自ずと手段が決まってきます。

 

 

動画マーケティングは万能なイメージですが、

 

 

より高い効果を求めるのであれば時間をかけて目標設定をするべきです。

 

 

動画マーケティングを取り入れることで、

 

 

文章で表現できなかった部分を伝えることができるだけでなく、

 

 

短い時間で伝えたいことを伝えることができます。

 

 

また、視聴者の記憶に残りやすいといったメリットも兼ね揃えています。

 

 

発信者側がしっかりとしたビジョンを持ち、

 

 

それを動画に反映させることができれば視聴者にメッセージは届きます。

 

 

目的をはっきり見据えて取り入れていきましょう!

 

 

上記の記事は、自由にシェア・ツイート・リンクを転載頂いて大丈夫です。  

 

 

LINEで送る
Pocket

美容室に特化した動画マーケティング『サロトラ』

美容室に特化した動画マーケティング『サロトラ』

タブレットを置くだけで
◯お客様を教育できる
◯商品が勝手に売れる
◯次回来店に繋がる
◯会話が広がる
施術中こそ最高のPRタイム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

日本最大級!現役美容師が撮影した圧倒的結果の出るお写真を9万点以上ご用意!

ちょっと覗いてみる ちょっと覗いてみる arrow_right
keyboard_arrow_up